木咲豊のブログ 植物をめぐる冒険

2014/04/30 03:41

  • Prev
  • INDEX
  • Next

母の日

0 Comment

  • 【 Category 】お仕事あれこれ

花屋なので、毎年母の日には、たくさんお花のご注文をいただきます。
だけど、よくよく考えてみれば、お母さんのいない人にとっては
母の日ほど辛い日はないのかもしれません。
社団法人リヴオンの尾角光美さんは、そんなお母さんのいない人のための
母の日のあり方を模索されています。

尾角さんによると、もともと母の日とは、
亡くなったお母さんへの想いから生まれた行事なんだそうです。
アンナ・ジャービスさんという方が、お母さんの好きだったカーネーションを
教会で配り、スピーチをしたのがはじまりなんだとか。
ご自身もお母さんを亡くされた経験を持つ尾角さんは、その悲しい体験を元に、
現在では、病気や災害、自殺、テロなどによる遺児たちの
グリーフケアに携わる社団法人を運営されているのです。

共通の知人を通じて、尾角さんと知り合いになれて、
折に触れてお花の注文をいただくようになり、
去年、ダライ・ラマ法王が来日された時には、リヴオンさんたち主催による講演会の
会場のお花の飾り付けなどを担当させていただいたりしました。

今年は、お母さんがいない人が少しでも前向きになれるよう、
亡き母を偲ぶ思いを込めたアレンジメントが作れないだろうか...
そんな尾角さんの呼びかけに少しでもお役に立てるようにと
プリザーブドフラワーを使ったアレンジメントを用意しました。

売り上げの一部は、全国の遺児支援事業のために、使われるそうです。
ご希望の方は、社団法人リヴオンまで直接お問い合わせください。

お母様を亡くされた方たちの悲しい思いが、明るい光に変わりますように。

母の日のプリザーブドアレンジ


Leave a comment