007 Parrot Tulip

  • Next
  • index
  • Prev

名 称
チューリップ
学 名
Tulipa cv.
科・属
ユリ科
チューリップ属
特 徴
球根植物
原 産
トルコ・中央アジア
花時期
12〜4月頃

2009年03月26日

鳥と花がトレードマークの「明るい部屋」としては、
Parrot <鸚鵡(オウム)咲き> という名前のついたチューリップは、
たとえ売れるアテがなくても、仕入れずにはいられない花の一つである。
鸚鵡(オウム)の羽毛のようにひらひらした形は、ため息が出るほど美しいけれど、
早い話がチューリップの奇形である。

今でこそ、鸚鵡もチューリップも、
ヨーロッパを代表する象徴的イメージのように思われるが、
鸚鵡は熱帯地方から、チューリップは中央アジアから持ち込まれた、
元来、エキゾチックな輸入品だった。

よくよく考えてみれば、ヨーロッパにとっては、
その精神的支柱であるキリスト教でさえ輸入品だったのである。
借り物文化と揶揄されることの多い日本だが、
ヨーロッパこそ、世界中の富を寄せ集めた借り物文化の王様なのだ。

チューリップを鸚鵡に似せて奇形化させ、
その色や形のバリエーションを愛でる文化は、
借り物文化だからこその醍醐味でもある。
オランダでパロットチューリップが流行したちょうど同じ頃、
江戸時代の日本では、金魚や朝顔を奇形化させて遊んでいた。

鸚鵡を良く知らない人からすると、
Parrot咲きと言ってもあまりピンと来ないかもしれないが、
写真のようなサーモンピンクのパロットチューリップは、
オオバタンという鸚鵡の羽毛にそっくりである。
今にも羽ばたきそうな肉厚の花びらは、
ドキドキしてしまうほど艶めかしい。

オオバタン


Leave a comment