008 紫陽花

  • Next
  • index
  • Prev

名 称
アジサイ
学 名
Hydrangea
科・属
アジサイ科
アジサイ属
特 徴
落葉低木
原 産
日本
花時期
6〜7月
写 真
野村正治

2009年03月28日

その昔、鸚鵡(オウム)や九官鳥に言葉を教えるとき、
なぜか「おタケさん!」と教える習慣があった。
この奇妙な習慣の起源は、かのシーボルトにある、という説がある。

シーボルトは五年間の日本滞在中に、日本女性を妻にめとり、
娘を一人もうけ、そして、鸚鵡を一羽飼っていた。
彼はその鸚鵡に、愛する妻「楠本タキ」の愛称である「おタキさん!」という言葉を教え、
それがなまって「おタケさん!」になった、というものである。

シーボルトは、医者として日本にやってきたが、
プランツハンターとして、数多くの日本の植物をヨーロッパに持ち帰った人でもある。
そのうちの1つに、アジサイがある。
ヨーロッパに日本のアジサイを紹介したシーボルトは、
その学名を「ヒドランゲア・オタクサ」と命名したが、
この「オタクサ」というのも、「おタケさん!」ではないかと言われている。

こうなると、「鳴滝塾」という名前も?・・・とつい思ってしまうのだが、
残念ながら「鳴滝」はシーボルトの命名ではなく、地名である。
しかし、「鳴滝」の地に私塾を作りたいと思った背景に、
「おタケさん!」が影響していると推測するのは、邪推だろうか?

鸚鵡とアジサイと私塾。

シーボルトが日本で愛した3つのもの、その全てに、
妻の名前を織り込んだとすれば・・・
「おタケさん!」はなかなかの果報者である。

Leave a comment